電話占い師に相談をする時のポイントを確認しておきましょう

電話での占いは、無料ではありません。

そのほとんどが時間制です。

ならばだらだらと電話してはいけないでしょう。

そこで電話占いの賢い利用法について考えてみましょう。

相談内容を整理しておく

あまり事務的でもいけません。

季節の挨拶くらいはよいでしょう。

しかし鑑定士さんが電話口に出たら、単刀直入に相談内容を話しましょう。

そして鑑定士さんから質問があれば、それへ的確に答えましょう。

くれぐれも見栄をはったり、かっこつけてはいけません。

鑑定結果が狂ってしまいます。

そのためには、あらかじめ相談内容を整理しておきましょう。

恋愛相談なら相手のプロフィールなどもまとめておきましょう。

人間関係の相関図も作っておくと便利です。

なお事件の日時などは突然思い出せません。

正しい鑑定を受けるためには、曖昧な記憶ではなく、正確な記録が不可欠です。

相談内容によって鑑定士さんを変える

鑑定士さんによって得意分野が異なります。

もちろん何でも対応できる人もいます。

しかし得意分野をお願いした方が、的中率が異なります。

例えば分野が違うと専門用語が違います。

すると誤解が生まれるかもしれません。

これは避けたい事実です。

そのため慣れた馴染みの鑑定士さんもいるでしょうが、遠慮せず、相談内容によって変えてみましょう。

だからといって後々文句を言われることはありません。

鑑定士さんは、貴女の幸せだけを考えているからです。

感情的にならない

何かを相談したい場合でも、衝動的にお願いしない方が良いでしょう。

つまり電話占いを試す際には、感情的にならないことが重要です。

例えばトラブルがあったとしても、一晩考えて、翌日に電話することです。

感情が高ぶっていると、鑑定士さんのアドバイスを素直に聞けないケースもあります。

誤解することも稀ではありません。

不安やイライラはあるでしょうが、まずは落ち着くことが先決です。

後悔しないように

お金がかかるから、言ってしまえばお終いですが、電話占いは賢く利用しましょう。

悩みごとで後悔する以前に、電話占い自体に後悔したら、意味がありません。